気になるニュースを摘まむ

気になった記事をチョイスします。

優しい人だと感じる。

この記事みて流石に可哀想だとも思ったけど・・・

「宝くじ当せん」の大宴会で散財し

文無しになった男がいた!!

蔡さんは、深圳に出稼ぎに来て10年になる出稼ぎ労働者である。彼の趣味は「宝くじ」を買うこと。深センに出てきた2年目から宝くじを買い続けて8年。これまでどんな当たりにもかすったことはなかった。だが、蔡さんはそれを「天が私の忍耐力を試している」とし、宝くじを買い続けてきた。

 

そして5月、少し酒を飲み、いつものように買ってあった宝くじの当せん番号を調べてみると、なんと、手元の宝くじの番号が500万元(約8350万円)の当せん番号と一致しているのを発見するのである。舞い上がった際さんは、すぐに労働者仲間を呼び集め、宴会を始めてしまったのだった。

 

飲めば飲むほど気が大きくなり、最後にはものすごい数の仲間が集まり、飲めや騒げやの大宴会となったという。蔡さんはその夜、これまで貯めたすべての貯金を使い果たしたというから凄まじい。

 

さて、問題が発覚したのは次の日のことだ。当たりくじをもって販売所を訪れ、換金を申し出たところ、蔡さんの持っている宝くじは当せんしたものではないと突き返されてしまうのだ。実は、酒に酔った蔡さんは、一つ前のくじの当せん番号をみてしまい、手元の宝くじはまだ当せん発表がされていないものだったのだ。

 

天が与えたのは、別の忍耐だったということか。

 

私も年に数回、まぁちょっとした楽しみと会社の付き合いで宝くじを購入するけど

この人いい人だなぁ~って思う。

だって当たったからとりあえず今あるお金は使って周りにご馳走しようっていう

気持ちがあったからこういう事態になったんだもんね~。。

私ならとりあえず周りにご馳走しようって発想には多分ならないと思うしむしろ

いかにバレない様にするかを考えるまである。笑

いい人だからこうなってしまったって感じですよね~。

まぁ先に確認しろよってもなるけど。舞い上がってしまってっていう気持ちが

凄くわかるのが良いですね~。

完全に想像だけどきっとこういう人は文無しになっても周りに救ってもらえる様な

人なんだろうなぁ~って思いました。

もう一度次ぎは本当に当たれば良いなって思います。